BIOGRAPHY

安全地帯

【メンバー】
玉置浩二(たまき こうじ、1958年9月13日) - ボーカル、ギター
矢萩渉(やはぎ わたる、1957年6月27日) - ギター
武沢侑昂(たけざわ ゆたか、1958年5月16日) - ギター http://yutakatakezawa.sub.jp/
六土開正(ろくど はるよし、1955年10月1日) - ベース、ピアノ、キーボード
田中裕二(たなか ゆうじ、1957年5月29日) - ドラムス http://www.tanakayuji.com/

<1980年代を代表し、ヒット曲の数々で時代を席捲したロックバンド>

1982年にキティレコード(現・ユニバーサルミュージック)と契約し、『萠黄色のスナップ』でメジャーデビュー。

1983年、サントリーから発売された「赤玉パンチ」のCMソングに起用された『ワインレッドの心』が大ヒット。一躍全国にその名が知れ渡る。 その後も『恋の予感』、『熱視線』等の楽曲を立て続けにヒットさせ、1980年代を代表する人気グループの地位を不動のものにする。1985年には『悲しみにさよなら』が大ヒット。TBSのザ・ベストテン、日本テレビ「ザ・トップテン」年間第1位に輝き、同年のNHK紅白歌合戦出場を果たした。1986年には、神宮球場においては初となるコンサートを井上陽水と共に行い、大成功を収める。また、同年12月にはアナログ盤にして3枚組となるアルバム『安全地帯V』を発売、年間売り上げ1位を獲得するなど、快進撃を続ける。
なお、『ワインレッドの心』 、『恋の予感』、『Friend』などが香港でカバーされそれぞれヒットしたこともあり、香港での人気も高かった。

<活動休止、その後>

1988年秋、香港コロシアムでのコンサートを最後に突然活動休止を宣言。
1990年、7thアルバム『安全地帯VII〜夢の都』のリリースを機に活動を再開。翌1991年には『安全地帯VIII〜太陽』をリリース。1992年12月、アコースティックスタイルでのコンサートツアーを終えたことにより、再び活動を休止。『ひとりぼっちのエール』は翌1993年2月10日にリリース。

活動休止を境に玉置は、ソロと俳優業を中心とした活動に移行し他のメンバーも個々の活動に入る。この時、安全地帯の所属会社がキティレコードからソニー・ミュージックエンタテインメントに移籍。
2001年頃より安全地帯のレコーディングを開始する。
2002年7月10日に10年ぶりのシングル『出逢い』がリリース。同年8月7日に9thアルバム『安全地帯IX』が発売。
2003年10月22日には10thアルバム『安全地帯X〜雨のち晴れ〜』がリリース。ツアーでは5人全員が揃い、80年代の活動の場であったライブハウス「Shibuya eggman」でもライブを行う。ツアーは2003年12月で全日程を終了。
ツアー終了後の2004年以降は、グループ活動を休止し、個々の活動を続けている。

2009年秋よりレコーディング再開。

 
 
 

FACEBOOK