BIOGRAPHY

Allen _stone _bioUSAトゥデイは、アレン•ストーンを「ピッチが完璧な強豪」と称し、ニューヨーク・タイムズに至っては、彼の社会的意識の高い音楽を、スティーヴィー•ワンダー、マーヴィン•ゲイ、ダニー•ハサウェイ、ビル•ウィザースのそれになぞらえた。しかしワシントン州チェウェラという、へき地にある小さな町出身のこの25歳のシンガーソングライターは、自分自身を「魂を持ったヒッピー」と評する。

彼の長い巻き毛のブロンドの髪、そして分厚い縁の眼鏡を一目見るだけで、その半分は理解できるだろうが、聴いている人は、ストーンが歌うために口を開き、生々しくもソウルフルなパワーを発するにあたっておそらく心の準備ができていないだろう。

多くのソウル・シンガーがそうであるように、ストーンも教会でスタートを切った。父が牧師だったこともあり、彼にとって「Say So」のパフォーマンスにあわせて観衆をコール&レスポンスの狂乱に導くことはごくごく自然なことだった。ゴスペルに浸かり、世俗的な曲から守られていた彼は、60年代や70年代の古典的アルバムを集め始める10代を迎えるまでソウル・ミュージックと出逢うことがなかった。

「あの時代のソウル•ミュージックは単なるクラブで激しいダンスをするためのものだけではなく、文化的な動きの中の大きな部分を占めていた。そこからこそ僕はインスピレーションを受けるのだ」と、その時代のフォーク・アルバムが教科書だったストーンは言う。

新しいアルバムでは、彼の時代の暗い部分に一縷の光を照らす。「Contact High」は、テクノロジーが恋愛関係に悪影響を与えるということについての印象的な論評であり、官能的な「Unaware」は、現在の経済危機を意味ありげに分析している。このような事を夜な夜な考えることで眠れなくなり、このような事があるからこそ彼はツアーに出るのだと彼は「Sleep」の中で「星を撃とうとして夜を過ごした/このギターで世界を変えようとして/星に届くまではかなりの距離があることは分かってる/でも今のところは順調だ」と歌う。

変化を起こすにあたって音楽の力に畏敬の念を抱いている一方で、ストーンは同じように音楽が単純に人を良い気分にさせるその能力に魅了されている。これは、「Celebrate Tonight」や「Say So」のような曲、そして彼のショーでは絶対条件となるダンス・オフによって裏付けられる。

ストーンはこの4年、そのユニークなスタイルを古典的な手法で磨いてきた。彼の精鋭バンドと共にバンで国を横断しながら、彼を受け入れてくれればどんな小さなクラブでも演奏した。2011年10月に彼が立ち上げたレーベル、Stickystonesからセルフ・タイトル・アルバムをデジタル・リリースして以来、ストーンのショーは東海岸から西海岸までソールド・アウトになった。アルバムはビルボードのHeatseekersチャート(新人対象のチャート)のトップ10に食い込み、iTunesのR&B /ソウル・チャートのトップ5にも入った。初の全国テレビ出演となった「コナン」には、音楽のキャスティング担当者が、母親のリビングルームで「Unaware」を演奏するアレンのビデオをYouTubeで見たことがきっかけで出演した。「ジミー•キンメル•ライヴ」、「ラスト・コール・ウィズ・カーソン・デイリー」、そして「ライヴ・フロム・ダリルス・ハウス」への出演が続き、エスクァイア、CNN、ビルボードは、ストーンを注目すべきアーティストと評した。これらすべては彼がレコード会社からのバックアップを得る前に起こったことだった。それ以来、彼はATOレコードと契約し、同社がこのアルバムをリリース、2012年にはイギリスの名門レーベルDECCAレコードと世界配給契約を締結。2013年に世界デビューを果たす。

 
 
 

VIDEO

Allen Stone - Celebrate Tonight (Official Video)