NEWS

TOPICS

世界40ヶ国で瞬時に1位を獲得したNO.1新世代ポップ・ロック・バンド、ファイヴ・セカンズ・オブ・サマーの新曲のミュージック・ビデオが解禁!

13歳の頃からYouTubeに様々なアーティストの楽曲のカバーを投稿し、それがワン・ダイレクションの目に留まり、昨年発表した念願のデビュー・アルバムが世界76ヶ国のiTunesで1位を獲得。なんと全米アルバム・チャートでも初登場1位を獲得など、まさに“シンデレラ・ボーイ”という呼び名がぴったりな新世代ポップ・ロック・バンド、5SOS(読み:ファイヴ・ソス)ことファイヴ・セカンズ・オブ・サマー。

そんな平均年齢19歳の4人が約1年ぶりにファン待望の新曲「シーズ・カインダ・ホット」を発表。歌詞は、現代の若者たちへ向けたメッセージ性の高い内容になっており、家でゲームをしたりゴロゴロばかりしていないで、工夫を凝らし、自分たちで集めてきた資材(木材や扇風機やメガホンなどのありもの)で作った乗り物に乗り、「今の大人たちは、“イマドキの若者は~”などとよく言うけど、大丈夫。ボクたちは、やれば出来るんだよ。ボクたちこそが、これからの時代を切り開いていく、新世代のヒーローなんだ!」と語りかけている。

解禁となったばかりのミュージック・ビデオは、前述の歌詞の内容をまさしく映し出したような内容となっており、5SOS本人も熱演している。なお、同ビデオの後半に出てくる“乗り物”は、映画「マッドマックス」に出てくる“戦車”風の乗り物にインスピレーションを受け、5SOSが自ら考案した“5SOS号”だそうだ。

7月26日のデジタル配信開始以来、すぐさま世界40ヶ国のiTunesで1位になった「シーズ・カインダ・ホット」。この曲は、5SOSの4人のうちの2人(マイケル・クリフォードとアシュトン・アーウィン)に加え、元グッド・シャーロットのベンジー・マッデンとジョエル・マッデン、そして、ONE OK ROCKなど世界中のロック・バンドを手掛けるロック・プロデューサーであり元ゴールドフィンガーのメンバー=ジョン・フェルドマン氏をプロデューサーに迎え、5人で作詞・作曲をした楽曲。年内に、ニュー・アルバムの発売も噂されている彼らの最新シングルは、要チェックだ。

また、明後日12日(水)には、5SOSの日本公式ファンクラブ「5SOS JAPAN CLUB」(これが5SOSの世界で1つの公式ファンクラブ!)が主催する「”Kinda Hot” Summer Event」が、東京・原宿ヒミツキチにて開催決定している。5SOS本人の出演はないが、ファンクラブ発足以来初のファン・イベントということで、注目だ。今からでも間に合うので、少しでも気になる方は、是非サイトをチェック。

「シーズ・カインダ・ホット」ミュージック・ビデオ:https://www.youtube.com/watch?v=WFz1gCZSmdE

NEWS一覧に戻る